骨なしチキンをじさん

30代のおじさんの日々の心境や、フィギュア撮影のあれこれ。

初めて街コンに行った

先日街コンというものに参加してきた。

初めての体験だ。

 

経緯としては、友人の誘いだ。

何回か街コンの参加経験があり、2人1組の街コンに参加したいとのことらしい。

 

自分としてはあまり乗り気ではないというか、どちらかと言えば行きたくないというのが正直な気持ち。

 

しかし誘われたときに酒を飲んで酔っていたというのと、ハッキリと断れない性格が災いして、気づけば手元のスマホ画面にチケット番号が表示されていた。

 

この性格、いつか取り返しのつかないことになるんじゃないだろうか…。

 

知らない人と話すのが苦手で、

「何故高い金を払って疲れることをしなくてはならないのか。」

としばらくはグチグチとしていたのだが、

 

次第に

「まあ、1回くらいは経験しといても良いかもしれない。」

「もしかしたらいい人と巡り合えるかもしれない。」

等と前向きに捉えることができるようになっていた。

 

 

…と、そんな淡い期待も儚く散ることとなる。

 

結果から言えば、何も得るものが無かったのだ。

 

何故なら、いくら街コンに参加することを前向きに捉えるといっても、それだけで知らない人と急に話せるようになる訳ではないから。

 

友人と2人1組だったので席は隣だったのだが、友人が話す横で相槌を打つだけで精いっぱい。

周りを見渡せばみんな会話を楽しんでいるように見える。

 

「何なんだこのコミュ力の塊たちは…」

 

 

しかもこの街コン、2時間の中で席替えは1回のみ。

その後簡単なゲームをやったら後はフリータイムだ。

 

移動しようにも縦に長いフロアな為、真ん中に集団ができるともう移動は困難だ。

真ん中にトイレがあるのだからこの現象は必然と言えよう。

 

じゃあ会話は諦めて、もう料理を食べるだけ食べようかと思っても、メニューは居酒屋にで出てくるようなものがチョコンとあるだけだ。

 

 

2時間はあっという間に過ぎ、どんな人がいるのかホトンド確認できないまま終了となった。

 

モチロン2次会に行こうなどと言える仲になるようなことも無く、そのままお開きだ。

 

友人曰く、

「今回の街コンは少し難易度が高かった」

「コミュ力を上げてもう一度参加しよう」

とのことだ。

 

コミュ力を上げるという点については賛成だが、今後街コンに参加するかどうかという点についてはNoと答えよう。

 

この歳になれば、出会いはこのような場に積極的に出向かねばならないのは重々承知だが、ワタシにはハードルが高すぎる。

朝シャンプー

皆さんは朝シャワーを浴びるだろうか?

 

ワタシはできるだけ朝にシャワーを浴びるようにしている。

朝が寒くても、寝不足でしんどくても…。

 

シャワーというか、朝に洗髪をしたいのだ。

 

もちろん夜は夜で風呂に入る。

体も洗うし、洗顔もする。

 

でもシャンプーだけは朝にしたい。

 

どうしても夜寝た後、朝起きると髪がペターっとするからだ。

(多分)脂ぎっているわけではないのだが、なんだか水分を含んだような、重い感じがする。

 

その解消のためには朝に洗髪をするしかないのだ。

 

たまに「寝ぐせ直しでしかも髪サラサラ」といった寝ぐせ直しを使ってみるのだが、効果は実感できない。

 

 

朝はバタバタしてシャンプーを洗い流す時間が短くなるから、髪に泡が残る。

 

シャンプーした後は頭皮の皮脂が少ないから、そんなときに外に出るとUVのダメージを受ける。

 

夜に頭皮を清潔にしてから寝ないと髪の成長を妨げる。

 

そんなことを言われても朝に洗髪をした後のサッパリした感じがいいのだ。

 

この気持ち、分かってもらえないだろうか?

 

大人とゲーム

ワタシが子どもの頃はゲームをしている大人は身近にいなかった。

 

まあワタシが小学生くらいの頃にやっとプレイステーションやらセガサターンやらが出たくらいなので、例えばワタシの親が子どもの頃にテレビゲームが身近にあった訳ではない。

 

それでも

大人はゲームをやらないんだな

というイメージは持っていた。

今はゲームばかりしていても、きっと自分も大人になるにつれてゲームはやらなくなるんだろうな。

 

…と、そう思っていたのだが、

時代が進むごとに面白いゲームはどんどん出てくる。

おかげで小学生、中学生、高校生とゲームばかりの日々だった。

 

ゲームは1日1時間と決められていたにもかかわらず、遊びすぎてゲームを隠された小学生の頃。

隠されても親が出かけている間に必死に探して見つけ出した。

ゲームに対する執念はこの頃が一番強かったと思う。

 

自分の部屋にテレビが置かれた中学生からは親に隠れてコッソリとゲームをやるようになった。

ゲームボーイは枕元に置いてあり、休みの日は朝起きるとともにスイッチONだ。

余談だがこの頃から視力は急激に落ち始めた。

 

そんなワタシの学業の成績はというとお察しいただけるだろう。

 

大学生になった時は一人暮らしを始めた。

誰の目も気にせずゲームを思いっきりできる。

特にRPGを好んでプレイしていたので、一人で黙々とやっていた。

 

 

しかし、大学を卒業して働き始めてからは状況が変わった。

これまでからすると「ありえない」とすら考えていた、所謂「積みゲー」が出始めたのだ。

 

f:id:hochiwoji:20171106172523j:plain

 

働くことで収入を得るので、ゲーム購入のハードルは下がった。

「あ、これやってみたいな」

と思えばAmazonでポチっとすればすぐ手に入る。

 

その結果、購入したはいいがクリアできずに放置してあるゲームが次々と出てくる。

最近で言えば夏にドラクエ11が出たが、現時点でワタシの勇者はレベル25だ。

 

別に時間が全くないわけではない。

今の仕事の休みが少ないとはいえ、家に帰って夕飯を食べて風呂に入ってすぐゲームの電源を入れれば1,2時間は時間を取れるはず。

 

しかし、他にもやりたいこと、やらなきゃいけないことがある。

ゲームだけしてればOKという歳でもないのだ。

 

そんな日々が続くと、ゲーム自体に興味が薄れていくようで、

たまの休みでも1日ゲームするどころか、電源を入れることすら億劫なときもある。

 

大人になると「ゲームをやらなくなる」のではなく「できなくなる」のだなと思うようになった。

 

何が言いたいかというと、もっと休みの多い、そして残業の少ない職場に転職したい。

それだけです。

 

 

オタク趣味をまわりの人は知っているか?

みなさんは自分の趣味をまわりにオープンにしているだろうか?

 

ワタシはしていない。

 

ワタシのは所謂オタク趣味というものだが、

自分のオタク趣味を知っているのは一部の友人だけだ。

 

今ではオタク趣味というのは、どことなくオープンにしても許される雰囲気が漂っているが、それでも自分としてはこの歳までこういった趣味を持つのは後ろめたい気がするのだ(あくまで個人的な意見です)。

 

変に世間体を気にしているものだから、知り合いと出くわす可能性のある所では、欲しいグッズを見つけても購入するのは躊躇われる。

最近はコンビニで食玩なんかがよく置いてあるが、ちらっと眺めて終わりだ。

遠くに出かけた時に見つければもちろん即購入するのだが。

 

そんな訳だからもちろん家族にもこの趣味は隠している。

 

いや、自分では隠し通せていると思い込んでいるだけで、実際はバレている可能性も捨てきれないのだが…。

 

家族は知らない(はず)…

ワタシのnasneには録画したアニメばかりが入っていることを。

 

そして家族は知らない(はず)…

部屋の一角にフィギュアが大量に収納されていることを。

さらにそのフィギュアを撮影して投稿していることを。

 

願わくばこのままバレずに過ごしていきたいものだ。

欲を言えば、もう一度一人暮らしがしたい…。

 

実家暮らしではオタク趣味を隠し通すのに気を使うのだ。

 

特に通販。

 

我が家では届いた荷物はとりあえず居間に置かれる。

さすがに中身を見られることは無いが、

「そんなに頻繁に何を買っているのだ?」

と不思議がられることもある。

 

何よりどんな箱で送られてくるかが心配で商品の到着予定日は仕事も手につかない。

 

その点Amazonは箱のデザインも問題ないし、コンビニ受け取りができる。

なんと素晴らしいことか。

 

ただ一つ、買いやすいおかげで毎月のカード払いの金額がすごいことになることを除けば…。

全力で走るということ

体がだるい…。

 

ここ数年はいつもそう感じている。

具体的には

 

足が浮腫む

腰が痛い

体がかたい

・・

・・・

 

周りの人は「まだ30代で何言ってんだ」と言うが、年齢が高くても体が若々しい人がいるように、年齢が若くても体が衰えている人なんていくらでもいるだろう。

 

日頃運動する習慣があるか否か、この違いが大きく出てくるのだ。 

 

毎日デスクワークで残業は当たりまえ。

家に帰って夕飯を食べて風呂に入ったら、酒を飲みながら寝る時間までYouTube

休みの日は昨夜の飲み過ぎでダウン。

 

そんな生活を送っている人間が健康なはずがないのだ。

 

さて、さすがにこんな生活をずっと続ける訳にもいかないので、運動を習慣づけようと一念発起せざるを得ないのだが、

 

田舎在住

休みが不定期

 

といった理由から「どこかのスポーツサークルに参加」や「ジムに入会」といったことはハードルが高い。

そもそも数が少ないうえに残業で時間が間に合わない確率が高いからだ。

 

なので、ここはやはり地道に一人で走るのが一番良かろうという判断に至った。

一人で運動するというのは長続きしない典型的なパターンだが、思いついたらすぐ始められるというハードルの低さもある。

 

とにかくこの疲れやすい体を何とかしたいので、浅い知識を頼りに有酸素運動について調べていると、インターバルトレーニングという言葉にたどり着く。

 

走ることで言えば「ゆっくり走る」「全力ダッシュ」を交互に繰り返すことで心肺機能や、持久力を高める効果があるらしい。

 

まさに疲れやすい自分が一番欲しい効果だ。

 

 

思えば最後に全力で走ったのはいつだろうか?

 

子どもの頃は運動会や体育、学校の下校時なんかも走ったりしていた。

大学生の頃もまだ部活をしていたので体を動かす機会はたくさんあった。

 

それが大学を卒業してからこの10年近く、全力で走るなんてことは無かったと思う。

運動しなきゃなと思って体を動かしても、やはりキツイことはしたくないから動きをセーブする。

そんな体たらくだ。

 

 

さて、そんなだらしねぇ自分がほぼ10年ぶりに全力で走ってみた。

 

想像してみてもらいたい。

世間的に平日の昼間に30を超えた男が道端を全力で走る光景を…。

 

 

実行しといて何だが結構心にくるものがある。

 

ジョギングではない、全力疾走だ。 

 

 

結果としては愕然とするほどに足が遅くなっている…。

 

全力で走ると体がブレて安定しないのでスピードが全くでないのだ。

大学時代はラグビーをしていたので、そこまで極端に遅いということはなかったと思うのだが、過去の自分を思うと今のスピードは鈍足と言わざるを得ない。

 

走る前は自分の全盛期の走る姿をイメージしていただけに、そのギャップがショックだ。

 

ちなみに全力で走った翌日に筋肉痛がおきた。

この事実がまだ自分は若いんだと安心をくれているような気がする。

 

 

 

フィギュア用のホウキを作る

フィギュア撮影をしていると、よく小物が欲しくなる。

 

「具体的にこういうのが欲しい」

というものがないのでよく100円ショップを訪れては、何か使える物はないかと探している。

 

その中でSeria(セリア)という100円ショップでホウキとちりとりのセットを購入した。

フィギュアに持たせるとこんな感じ。

 

 

https://www.instagram.com/p/BL2VHDKA181/

 

欲を言えば少し小さいのだ。

あと「柄」の部分が太くて特定のフィギュアにしか持たせられない。

 

ということで、もう少し大きいサイズのフィギュア用ホウキをつくる。

 

用意するものは以下の通り。

f:id:hochiwoji:20171025113708j:plain

1. 竹串

2. 100円ショップのい草の商品(写真はダイソーで買ったもの)

3. 接着剤

4. 布テープ

あと写真には載っていないが紙やすりがいる。

 

い草商品がすでにカットされていたのは以前ミニチュアの畳を作ったためだ。

 

今回は「S.H.Figuartsブルース・リー」に持たせることを想定して作成する。

 

まずは竹串で「柄」の部分を作る。

f:id:hochiwoji:20171025113721j:plain

竹串は長いので適当な長さに切る。

そして物を持つ手首パーツに入るように、カッターなどで竹串を削って細くする。

f:id:hochiwoji:20171025113806j:plain

紙やすりで削った部分を滑らかにすると

f:id:hochiwoji:20171025113839j:plain

物を持つ手首パーツに入るようになった。

 

次は「穂」の部分を作る。

ちなみにここで初めてホウキの掃く部分を「穂」ということを知った。

 

穂は い草商品を使うのでこれをバラしていく。

f:id:hochiwoji:20171025113859j:plain

 

 

次に布テープを適当な長さで切って、さらに5mmくらいの太さにする。

f:id:hochiwoji:20171025113916j:plain

 

この布テープに先ほどバラした い草を張り付けて並べていく。

f:id:hochiwoji:20171025113928j:plain

 

そして い草と布テープを張り合わせた部分に接着剤をつけて、「柄」として作成した竹串に巻き付けていく。

そして い草を丁度いい長さに切れば

f:id:hochiwoji:20171025113825j:plain

完成

 

結局フィギュアには少し大きいサイズになったが、そこそこ簡単にできるのが良いと思う。

実際に持たせるとこんな感じ。

https://www.instagram.com/p/BYS6absBNcw/

https://www.instagram.com/p/BZtNuFmhrxW/

遂に9人が揃った

感動的だな

 

https://www.instagram.com/p/BRN9PR4hMbh/

 

友人と3体ずつ買うことで揃ったわけだが、ここまで長かったな。